「将来を見据えて決断した転職とセブ留学」市川博章さんの新たな世界への挑戦

 

こんにちは。フィリピンセブにある英会話スクールBEYOND THE BORDERライターのミノリです。

ここBEYOND THE BORDERでは、世界を舞台に働くをテーマに生徒さんのキャリアを海外就職につなげることを一つの目標としています。

「これから先、日本国内で働くにあたって国内だけの事業で発展、成功することは難しいと思い転職を決意しました。」

そう語ってくれたのは、海外と関わりを持つ国内企業に転職することを選択した市川博章さん。

今回、市川さんは転職を機にBEYOND THE BORDERでの留学を選ばれ、2週間の短期集中型英語留学コースを受講されました。
BEYOND THE BORDER卒業後は日本屈指の大手自動車メーカーへの転職、そのなかでもグローバルに活躍する部署に配属されることが決まっています。

そんな日本国内での転職を果たしながら海外と関わりを持つ仕事に就く市川さんにインタビューをさせていただきました。

 

 

※以後、お名前を市川君、学校名はBTBでお伝えします。

 

将来を見つめ直しての転職とそこから選択したセブ島留学

▶︎転職を機にBTBへの留学を決意したという市川君。これまでのお仕事について教えてください。

大学を卒業後、僕の出身地でもである神奈川県の地方銀行に6年3ヶ月ほど在籍していました。営業を担当していましたが、地方銀行というのもあり、英語に触れることのない生活を送って来ました。

▶︎これまでのお仕事に関しては英語力などは問われない業務だったのですね、それでは転職の経緯と新しいお仕事についてはいかがでしょうか。

自分自身のこれから先の将来と前職の将来性について考えたときに、国内だけの事業で何かを発展させて成功させるというのは難しい時代だという考えに至りました。そこで海外での事業が絡む仕事に就きたいという気持ちもあり国内外で活躍している大手企業の財務部門キャッシュマネジメントという部署に転職する決意をしました。

これから財務部門で活躍していくにあたり海外の現地法人や子会社を担当することになるので、自身の英語力を磨かなければという思いからセブ島留学をすることにしました。

▶︎なるほど、海外で活躍するということも視野を含めての国内での転職なのですね。

「今後の仕事に繋がる勉強がしたかった。」二週間の短期留学期間でいかに英語力をあげるかということ

▶︎現在セブ島にはたくさんの語学学校がありますがその中でBTBを選んだ決め手などはありましたか?

一番はカリキュラムですね。あとは直感的なところもありましたね(笑)
2週間という限られた期間というのもあったため、とにかく英語の勉強に打ち込みたいという思いを強く持っていました。BTBは個人のレベルに合ったカリキュラム決めとビジネスに直結する英語も勉強できるという点に惹かれましたね。毎日8時間みっちりマンツーマンで授業を受けることができる授業環境は素晴らしいと思います。

▶︎カリキュラムに惹かれたということでしたが、実際に入学してからのカリキュラム決めについてはどうでしたか?

短期間の留学ということで本来のレベルチェックテストは受けず、先生とのスピーキング、リスニングに加えて過去のTOEICのスコアなどを考慮し相談した上でカリキュラムを決めてもらいました。

選んでもらったテキストのなかでもDMEメソッド(※)を使った授業というのが印象に残っていますね。
あそこまで機械的に質問と回答をひたすら繰り返すのは斬新というか新鮮というか、、今までやったことのない学習方法でした。もっと長期的に学習してみたいと思った学習方法でしたね。

(※)質問と答えをひたすらリピートしていく、英語で返答を考えるという直接教授法による語学習得を目指す学習方法

▶︎シンプルだけど奥が深いテキストですよね。英語力を全体としてバランスよく授業を受けることはできましたか?

僕自身、大学時代にリーディングとライティングをしっかり勉強していたんですよ。だからこのふたつについてはそれほど不安感はなかったのでスピーキング、リスニングに特化したカリキュラムを組んでもらいました。

▶︎なるほど、足りないところを補うという感じの授業が受けれたのですね。

授業以外にも盛りだくさん!初めての経験を積んだセブ島生活

セブ島北部に位置する温泉Esoy Hot Springにて

▶︎学校での授業やセブでの生活はどんな感じで過ごしましたか?

特に不自由なくむしろ快適に過ごせましたね。あえていうなら暑かったことぐらいかな(笑)
平日はみっちり授業を受けたあとに出かけることもありましたし、休日には遠出もしました。
とにかく2週間という限られた時間でしたが、とても充実した生活を送ることができました。

▶︎充実した生活、最高ですね!例えばどんな楽しみ方をしたのですか?

平日の授業終わりにはワークショップに参加したりW杯をみんなで観戦しました。
休日は学校の先生やスタッフの方達と出かけたり、ご飯を一緒に食べにいくこともありました。
あとは知らない土地で一人でフラっと出かけてみたり、フィリピンでポピュラーなダンスZUMBAを楽しんだり、とにかく初めて経験することがたくさんありました。

▶︎なるほど、かなりイベント盛りたくさんで色々な楽しみ方をされたのですね。

そうですね、学校ではしっかりと授業を受ける、オフの時はみんなでわいわい楽しむということができました。
休日に先生達と出かけるなんて全く思っていませんでしたが、一緒に過ごす時間が増えたことで英語により多く触れることができたと思います。
先生やスタッフや生徒さんのみんな一人一人の距離が近いというのもよかった点です。

▶︎本当に2週間しかいなかったの?というくらい馴染んでたよね(笑)私たちもすごく楽しかったです!

チャレンジしたから見えた世界〜迷ったらやってみる〜

▶︎日本国内での転職に向けて選択した海外留学でしたが、実際に留学してみてどう思いましたか?

目的が何であっても英語の学習に真剣に取り組みたい人は海外留学を考えますよね。
だけど、実際は日本にいてでも英語はいくらでもできます。独学で学ぶことや日本の英会話スクールに通ったりオンライレッスンで英語を学ぶこともできます。

僕自身、留学したいという気持ちを持っていましたが、わざわざ留学しなくても日本で勉強できるからわざわざ行かなくても、、と迷っていたころもありました。
だけど迷ったらやってみるというチャレンジの道を選択したことにより考えは大きく変わりました。

英語漬けの環境で生活することで、学校以外の日常生活でも英語に触れる時間が必然的に増えます。
これは実際に留学しないと経験できないことだなとセブ島に来て改めて思いました。

▶︎留学を考えている人、迷っている人にメッセージなどがあればお願いします!

思い切ってチャレンジすることはすごく大事だと思います。僕は実際に転職という人生を大きく左右する選択をしました。
そこから留学という選択肢を見つけてBTBで語学留学をしました。それで後悔するようなことはないと僕は思っています。

人生そう何回も同じタイミングがやってくるものでもないからこそ、思い切ってチャレンジしてみる価値はあると思います!

市川君、どうもありがとう!新しい世界での活躍を期待してるね!
Posted by MinoriNishihata at 2018年7月4日 2:36 pm