英語力と面接突破力をつけて就職活動で内定を勝ち取りませんか?英語力と面接突破力をつけて就職活動で内定を勝ち取りませんか?
7月30日までのお申し込みで1万円キャッシュバック7月30日までのお申し込みで1万円キャッシュバック

「就活は人生の一大イベント」
人生設計に大きく関わるからこそ頭を抱える就活生は少なくありません。あなたはこんなことで悩んでいませんか?

企業面接は、就活生を”ふるい”にかける登竜門ふるいから落ちないためには他の就活生よりも”尖る”ことが必要です

1次面接の王道の質問は自己PR

答えが決まっているわけではなく、ほぼフリーで答えられる質問なので、その応募者の気持ちや性格、意欲などすべてを確かめられる質問です。

30秒にも満たないような自己PRだと「主張が少ない」、「意欲が低い」と思われがち。
内容の伴った自己PRを1分程度考えておきたいところです。

2次面接は1次面接の深掘り?あなたが自社にマッチするかを確認?

入社後に挑戦したいことを面接官に尋ねられた場合は、自分が志望している仕事・職種に対する本気度を見ている場合が多いです。

「将来的には商品開発の企画部門を担当したいです」と1次面接で言っていて、2次面接の場で「具体的になぜその部署でやりたいか?」を尋ねられた際に答えることができなければ、面接官は「雰囲気でなんとなく憧れているのかな」と考えてしまいます。

「大学でロボット制作に力を入れてコンテストで結果を出してきました。
貴社のマーケティングに大きく関わる商品開発部門で自らの創作スキルを高めたいと考えています。」などと答えることができれば面接官も納得するでしょう。

2020年東京オリンピックでボランティアを11万人募集!!就活アピールに繋がるって言われてるけど本当なの!?

ボランティア活動

東京オリンピックのボランティア活動は、地域でおこなわれる清掃活動や市民納涼祭とは、社会貢献度と格式の高さは絶大なものがあります。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会という組織が運営するため、ほとんど国家プロジェクトと言っても過言ではない公共性の高いボランティア活動となります。

しかし果たして、11万人という規模の多くの学生がその同じ経験をすることで、本当の意味で”尖る”ことはできるのでしょうか?
面接官によっては、”ポイント稼ぎ”とだけ映り、本当の意味で就活生個人のことを理解してもらえないかもしれません。

東京オリンピックのボランティアについては、就活生にとって有利な活動として見られていると同時に、そこに安易に加わるべきなのかどうかは賛否が分かれています。

英会話スクールBEYOND THE BORDERでは、就活生に向けて”尖る”英語留学を用意しました!

セブの貧困問題に取り組むKakakiと一緒に超実践型の事業再建プロジェクトに携わる英語留学
BEYOND THE BORDER「就活生ビジネス実践コース」

2020年東京オリンピックのボランティアよりBTBのビジネス実践留学が尖っていると言える理由

ここが違う!
就活生の内定獲得力を圧倒的に向上させる2つのポイント

BEYOND THE BORDER 就活生ビジネス実践コースだからできる
あなたの英語力上達と内定獲得力アップのための3つの特徴

このコースでは、2週間※の期間でおこないます。

  • 就活生に役に立つあなた専用の英語カリキュラム

    就活生に役に立つあなた専用の英語カリキュラム

  • 発展途上国の貧困問題に関わるKakaki事業再建プロジェクト

    発展途上国の貧困問題に関わるKakaki事業再建プロジェクト

  • ビジネス経験豊富な日本人スタッフによるサポート

    ビジネス経験豊富な日本人スタッフによるサポート

  • 期間を延長される場合は、英語カリキュラムのみ別途申し込み可能です。

特徴その1
就活生に役に立つあなた専用の英語カリキュラム

企業が求める人材の6つのスキル

TED翻訳者でありTOEIC940点の弊社COOの山本があなた専用のカリキュラムを構築します。

  • 英語の自己紹介からスタートする基礎英会話授業
  • 英語の発音、リスニング、ライティングなどニーズに合わせた英会話授業
  • フォーマルなメールの書き方を学ぶビジネス英会話授業

まで、豊富な授業をご用意しています。

BEYOND THE BORDERオリジナルの海外就職実現のための英語カリキュラム

Discover Yourselfを取り入れた授業をおこないます。

この教材では、自分の将来の目的と自分が培ってきたスキルや経験の確認を専門のトレーニングを積んだフィリピン人英語講師と一緒におこないます。
「自分の将来の目標がわからない」「自分の過去の経験をどのように活かして良いのかわからない」という方に特にぴったりな教材です。

  • STEP1
    WILL

    将来の目標を確認

    専門のトレーニングを積んだフィリピン人英語講師と一緒に過去の経験の振り返りをおこなうことを通じて将来の目標の再確認をおこないます。

  • STEP2
    CAN

    培ってきたスキル・経験の確認

    履歴書作成を行う前の段階でこれまで培って来たスキルや職務経験、大事にしている仕事への取り組み方などを再確認していきます。

  • 海外就職に特化したグローバルキャリアデザインコースでは、上記に加えてSTEP3履歴書の作成・ STEP4英語面接対策が入ります。

英語カリキュラムまとめ

  • 1日4時間のマンツーマンレッスン+2時間の自己学習

    1日4時間のマンツーマンレッスン+2時間の自己学習

    入学初日に当校創業者の山本が生徒一人一人のカリキュラム決めをおこなうため一人一人のレベルにあった英語カリキュラムを受けていただくことが可能です。

  • 当校独自の英語教材「Discover Yourself」を使って将来やりたいことを再確認

    当校独自の英語教材 「Discover Yourself」を使って将来やりたいことを再確認

    授業は、趣味や週末の予定といった表面的な会話では終わりません。
    あなたがどんな価値観を持っているのか、それを今後どう仕事で生かしていくのかといったキャリアの再構築をしていく上で向き合わなければいけない重要な問いが投げ掛けられます。

  • 自らPDCAを回す力を身につけ英語学習を継続する力を身に付ける

    自らPDCAを回す力を身につけ英語学習を継続する力を身に付ける

    創業者山本によるサポートを受けながら、生徒一人一人が学習計画を立て、それを自らチェックして改善する力を獲得することができます。
    PDCAを自ら回す力を養い、英語学習を継続させるだけではなく、仕事でも活躍していける人材に成長してきます。

特徴その2
発展途上国の貧困問題に関わるKakaki事業再建プロジェクト
?売り上げを伸ばして、お母さん達に多くの仕事を提供したい!?

お弁当デリバリー専門店「Kakaki」が抱える問題

皆さんには、お母さん達が作る弁当の売り上げを上げる施策を練り実行してもらいます!

セブの貧困問題に取り組むお弁当デリバリー専門店「Kakaki」が抱える問題。
Kakakiは、貧困に立ち向かう子供たちを抱える家庭の将来の為に営業を始めた店です。
Kakakiの弁当を作るスタッフは、皆貧困層の家庭で生活しているお母さん達です。
この国の貧困地域で住む家族には、それぞれのストーリーがあります。

頑張るお母さんのひとり、メイ(仮名)さんの紹介
貧困地域で住む家族

周りの家の子供たちも焼け出されてしまいました。

2016年の夏、家の近所で出火し、メイ一家の家もすべて焼失してしまいました。

それでなくても、ぎりぎりの生活を強いられていた家族が住む場所、着るもの、学校の用具など全てを失ってしまったのです。

大変な生活環境は現在も続いていますが、4人の子供たちを食べさせなければいけません。
メイさんの家も、完全に焼失してしまいましたが、幸いにもこの火事での犠牲者は誰もいませんでした。

家族は長い間、避難所生活をしていました。
メイさんも栄養不足で一時体調を悪くし、立ち上がることができなかった時期があります。

  • 私達の支援の寄付を被災した近所のみなさんに分け与えるメイさん

    私達の支援の寄付を被災した近所のみなさんに分け与えるメイさん

  • Kakakiで仕事中のメイさん

    Kakakiで仕事中。
    生活の支えになりますように!

Kakakiで働くお母さんたちはどの家庭も生活が厳しい状況にあります。
Kakakiの売上が伸びること、これはすなわちお母さん達に多くの仕事を提供することにつながるのです。

  • Kakaki訪問・情報収集 STEP1
    Kakaki訪問・情報収集
  • チームで会議・事業再建案の作成 STEP2
    チームで会議・事業再建案の作成
  • マーケティング施策実行 STEP3
    マーケティング施策実行
  • PDCAを回しながら1?3の繰り返し STEP4
    PDCAを回しながら1?3の繰り返し
  • これまでの取り組みの発表 STEP5
    これまでの取り組みの発表

2週間のスケジュール例

※スクロールして詳細を確認できます。

月曜日/1日目 火曜日/2日目 水曜日/3日目 木曜日/4日目 金曜日/5日目
オリエンテーション
レベルチェックテスト
カリキュラム決め
英語レッスン×3コマ
講義(3C分析)
英語レッスン×3コマ
講義(3C分析)
英語レッスン×3コマ
講義(4P分析)
英語レッスン×3コマ
解決策立案
kakakiによるセミナー
現地訪問
3C分析考察(CustomerCompetition)
現地視察(Customer/Competition)
3C分析考察(Company)
現地視察(Company)
4P分析考察
考察
プレゼン準備
プレゼンandフィードバック
月曜日/6日目 火曜日/7日目 水曜日/8日目 木曜日/9日目 金曜日/10日目
英語レッスン×3コマ
講義(3C分析)
英語レッスン×3コマ 英語レッスン×3コマ 英語レッスン×3コマ 英語レッスン×3コマ
英語発表準備
自由にアクションをおこなってもらいます。 マーケティング考察
英語発表準備
土曜日・11日目にビジネスの全体取り組み発表

特徴その3
ビジネス経験豊富な日本人スタッフによるサポート

日本人スタッフ

わたしたちも一緒に、全力でサポートしながらプロジェクトに取り組んでいきます!

BEYOND THE BORDER創設者、海外キャリアコンサルタントの岡本琢磨のプロフィール
岡本琢磨
  • 公認会計士
  • フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール「BEYOND THE BORDER(ビヨンドザボーダー)」代表
  • フィリピン・セブ 英会話スクール「旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD(クロスロード)」代表
  • 著書『キャリア・シフト~人生戦略としてのアジア就職~』(経済界)書籍の詳細はこちらから
  • ジョブポット公式海外就職アドバイザー

公認会計士、IPO・事業再生コンサルタントとして日本で6年間コンサルティングファームに勤務後、夫婦で1年間の世界一周の旅に出る。

旅行中の経験をもとに、旅人を支援する英会話スクールCROSS× ROADをフィリピン・セブに設立し独立起業。
800名を超える若者と対話し、彼らの考え方や状況を理解する一方、自身の海外起業や旅の経験、公認会計士・コンサルタントとしてのキャリアから海外就職を中心に新しいキャリアパスを提案している。

また、アジア主要都市を周り、日本人の転職状況を把握し情報発信を行うとともに、セブにキャリアデザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERを設立し、ビジネス英語に特化した教育と海外キャリア構築のサポートをしている。

「『普通の人』が世界を舞台に活躍出来る環境を作り、その手伝いをすること」「自分らしく生きる日本人を増やしていくこと」をミッションに経営・執筆・講演などを行っている。

BEYOND THE BORDER共同経営者、英語カリキュラムの管理者の山本建太のプロフィール
山本建太
  • フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール BEYOND THE BORDER 創業者/最高執行責任者(COO)
  • TED翻訳者
  • TOEIC940点保持
  • 1987年生まれ
  • 上智大学卒業
  • 東京出身

アメリカのバスケットボール選手が喋っていた英語に憧れたことをきっかけに小学生の時から英語の勉強を始める。

長期海外留学・海外在住経験なしで英語力を獲得する。大学卒業後、半導体装置メーカーに就職し海外営業としてアメリカ・シンガポール等の顧客を担当。

退社後、キャリア・デザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERの立ち上げに参画する。

英語を楽しみながら継続していくを応援するために自らが英語を楽しむ姿をInstagram(User Name : kentalish)を通じて毎日配信している。

上智大学卒業。TOEIC940点取得。アイスが大好き。

上記2名に加えて、ビジネス経験豊富な日本人スタッフも同行し一緒に現地への視察、ミーティング、プレゼン発表に向けた準備をおこないます。

さらに2週間の留学でこんなこともできる!

ホテルの最上階

BEYOND THE BORDERは、オフィス及び教室は、ホテルの最上階1フロアを丸ごと改装して使用しています。
近隣にはお洒落なバーやレストラン、モールが多数あり、利便性も有しています。

BEYOND THE BORDER セブ留学からアジア海外就職へ!
実際にキャリアアップを掴んだ方の声をお聞きください

ご利用料金

就活生ビジネス実践コース2週間15万円就活生ビジネス実践コース2週間15万円

基本料金に含まれるもの

基本料金に含まれないもの

(※)は現地でお支払い頂く費用になります。

7月30日までのお申し込みで1万円キャッシュバック7月30日までのお申し込みで1万円キャッシュバック

就活生ビジネス実践コース
お受けできる人数は募集期間ごとに10名ずつお受けいたします

募集期間A 8月13日(月)~25日(土)
募集期間B 9月3日(月)~15日(土)
募集期間C 9月17日(月)~29日(土)

特に大学3年生の皆さん!
夏にはインターンがはじまるので、参加するなら今しかありません。
ふるってご応募ください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ項目
必須お名前
必須ふりがな
必須メールアドレス
必須性別
必須生年月日
必須お部屋の種類
必須留学時期
お問い合わせ内容

オリジナリティある生き方を送りたい就活生の皆さんへ
このコースを立ち上げた創業者 山本建太より

山本建太

企業のグローバル化が急速に進む現代においてフィリピン留学を通じて英語力を向上させることは大学生の就職活動で強力な武器になるでしょう。
しかし、企業が学生に求めているのは英語力だけではありません。
例えば、プレジデントオンラインがおこなった調査では有力企業が欲しい人材6つの能力は以下であると説明されています。

企業が求めている人物像

  1. チャレンジ精神(変革する力、バイタリティ)
  2. チームワーク力(共感力、チーム志向)
  3. コミュニケーション力(論理的思考、伝える力)
  4. リーダーシップ力(周囲を巻き込む力、主導力)
  5. 主体的行動力(自律的アクティビィティ、やりぬく力)
  6. グローバル素養(異文化受容力、語学力)

[引用]プレジデントオンライン:http://president.jp/articles/-/14748

英語力は③コミュニケーション力(論理的思考、伝える力)や⑥グローバル素養(異文化受容力、語学力)であり、上記のスキルの一部でしかないのです。
つまり、就職活動をより有利に進めるためには英語力の向上に加えてそれ以外のスキルを身につけられるような経験が必要なのです。
加えて、私たちはこれからの若い人たちに自分らしく働いてもらいたいと思っています。仕事を通じて企業が求める人材、いわゆるオリジナリティーのない「コピー人材」になるのではなく自分が求める人材(自分がなりたいと思っている自分)になっていけたら仕事は楽しいものになるはずです。
そのために、自分の興味のあることや得意なことを理解しそれを仕事を通じてう実現していく能力、すなわち⑦自己実現力を身に付けてもらいたいと思っています。
BEYOND THE BORDERが用意した本留学プロジェクトを通じて上記①?②のスキルを身につけ、自分らしく働いていって下さい!

ページトップ