英語を喋れる「状態」を保つ

写真はBEYOND THE BORDERの英語講師であるネラ(写真右)とゴリ(写真左)と一緒に撮ったものです。

英語講師として、そして人間として、2人ともとても素敵。

彼女たちから良く聞かれるのが「Are you OK? = 大丈夫?」という質問。

気にしてくれてありがとう。

そのタイミングを利用して写真撮影をお願いしちゃいました。

彼らと一緒に働けることが本当に幸せです。

 

英語を喋れるようになるのにどれくらいの時間がかかりましたか?

先日生徒さんから私に投げ掛けられた質問です。

その質問の裏には、勉強はしているけど一向に英語を喋れるようになった気がしない「焦り」のようなものがあるのだと思います。

その質問を受け、私は考え込んでしまいました。

なぜなら、実は私自身英語を喋れるようになったという感覚はないからです。

「英語を喋れますか?」と聞かれれば「喋れます」と答えます。

しかし、それはどこかのタイミングで英語を喋れるようになりそしてそれ以降は常に英語を喋れるというものではなく、英語を喋れる「状態」を保つために日々英語と向き合っている、という感覚に近いのです。

事実、私が1ヶ月程英語から離れた後に英語を喋ろうとすると英語が思ったように口から出て来ずに恥ずかしくなります。

昔はどこかのタイミングで英語を喋れるようになりそれ以降何もせずに英語を喋れる、そんな未来があるのだと思っていましたが、少なくとも今のところ私にはそんなタイミングは訪れていません。

そしてそれは、私の生活に劇的な変化、例えばアメリカに永久的に移住するとか英語を母国語とする人と結婚するとかそういった環境の変化がなければ、一生訪れないのではないかと思っています。

なので日本にいながら英語学習に取り組んでいる方には、例えば一度自転車に乗ることを覚えた私たちがそこからはなんの努力もせずに自転車に乗ることが出来るように英語が喋れるタイミングがどこかで訪れるということは、良い意味でも悪い意味でも期待しないで良いと思います。

英語を母国語としない私たちにとって、英語を喋れる、とは、英語を喋れる状態を保つことであり、そのために日々英語と向き合うことを意味するのです。

そしてそれは、みなさんの周りに存在する英語を喋れるスーパーマン/スーパーウーマンに見える日本人も、英語を喋ることが出来る状態でいるためにみなさんの見えないところで努力をしているという事実を教えてくれます。

彼らは今日もみなさんの目に見えないところで英語と向き合っているのです。

日本人であり且つ日本にいながら英語を喋れるようになりたいと思っている方にとってはそういった努力の先に英語を喋れる状態が存在するのだと思いますし、それはその努力をすることでみなさんにも必ず手に入れることの出来る状態だと思っています。

私は今日も英語が喋る状態である自分でいるために英語と向き合います。

山本建太