オリンピック金メダリストのメンタルコーチ直伝!自分らしさをキャリアに活かす魔法のコーチング講座 ~In Cebu~

先日、オーナーのタクさんが師匠と呼んでいる平本あきお先生にセブにお越しいただきセミナーを開催いたしました。

タイトルは「オリンピック金メダリストのメンタルコーチ直伝!自分らしさをキャリアに活かす魔法のコーチング講座 ~In Cebu~」

私も含めてセブに来ている日本人中には、将来に向けて英語力の習得、海外を舞台にした仕事探し、会社の起業など、今後の自分の将来のキャリアに向け活動している人が多くいらっしゃいます。

そんな自身のキャリアのターニングポイントにいる我々にとって、

☑️この方向性であっているのか?
☑️これは本当に自分のやりたかったことなのか?

「自分の今後のキャリアはこれでいいのか?」について悩むことが少なくありません。

今回の平本さんのセミナーは、そんなキャリアを模索中の人に、そして、これからビヨンドザボーダーでキャリア支援をしたい僕らにとって、大変貴重な場になりました。

セミナーと合わせて、12月1日ビヨンドボーザー開校直前ということで、ビヨンドザボーダーの校舎を会場として使用し、みなさんに新しい学校をお披露目する場にもなりました。

講師の平本さんについて

講師:平本あきお先生

平本さんは、タイトルにもある通り、オリンピック金メダリストを指導された経験をもち、そのほかにも、私たちがメディアなどを通じて知っている著名人、上場企業の経営者などを指導されている日本を代表するメンタルコーチングのスペシャリストです。

雑誌やテレビなどへの出演も多く、コーチングにより今まで多くの人々の背中を押して来た方です。

当日は、そんな平本さんからのお話を聞きたいと、多くの方が会場に来てくれました。

席が足りなくなるほどの人数が集まりました。

多くの方々に来場いただいた結果、会場は素晴らしい雰囲気になりました。

そんな雰囲気の中で、平本さんのセミナーが始まりました。

 

私の自分軸ってなんだろう?

初めに平本さんのバックグラウンドである幼少期から現在に到るまでのことをお話ししていただきました。

セミナーが始まると、聞いてる皆んなが平本さんの話に魅了され、夢中になりました。

平本さんが一人でお話しされているのに、まるで数人いる舞台をみているようで、みんな静かに聞き入る姿が印象的でした。

そして、他にも印象的だったのが、何度か隣の席の人とペアになって行われた2人1組での話し合いで、自分の気持ち、価値観や、過去の経験などを交換をしている時の様子です。

「私の人生で大事にしている考え、価値観は。。。」
「僕の過去の経験で一番頑張ったことは。。。」
「これから自分の人生で成し遂げたいことは。。。」

ペアの片方が最初に話をし、そのもう片方が聞く。そして、話し手と聞き手が入れ替わる。セミナー中何度もこういった場が設けられました。
(ちなみに、このペアはお互い知らない人同士で作ったペア。知ってる人だと知ってるからこその恥ずかしさや気まずさが生まれるため)

私は、運営側だったので、ペアを作り、実際に人に向かって自分のことを話す機会を持つことができなかったが、一人でも色々と考えさせられました。

「私の自分らしさ(価値観)、ありたい姿(ビジョン)はなんなのだろう。。。」
「私は、価値観型?それともビジョン型?で生きてる人間なのか。。。」
「私の自分軸はなんだろう。。。」

私も含めて参加者全員が、

「自分の価値観、ビジョンがなんなのか明確化しようと自分軸を模索し、自信を持って将来に向かうおう」

「自分の過去の体験のネガティブ、ポジティブな体験を振り返り、未来にどう繋げるか?」
「自分らしく、その先にあるもっと大きな将来に向かうためにはどうしたらいいか?」

そういったことをペアの相手に話して、考えながらセミナーは進行して行きました。

 

自分軸を明確にすることで、やる気、能力を引き出すことができる

私たちの学校ビヨンドザボーダーは、通常の英語だけを教えるという語学学校とは違い、キャリアデザイン英会話スクールというコンセプトで、英語学習と同時に来ていただいた生徒さんのキャリアを支援するために作られた学校です。

平本さんの話を聞き、セミナーに参加しながら、私たちのやりたいことは生徒さんの自分軸を明確にして、将来に導いてあげる活動であると改めて感じました。

セブ留学中の生徒さんの中には「全然英語が伸びなくて勉強のやる気がなくなってきた」という人がいたりします。

どのようにすれば、このような生徒さんをやる気にさせることができるのか考えたりすることが多くあります。

誰しもがセブに来て語学学校に通うからには成長したい、何かを変えたいという気持ちがあると思います。英語を学びたい理由は人それぞれだが、それぞれそこには理由があります。

ただしそこの理由が明確ではないから、迷いが生まれ、やる気がどうしても起きない生徒さんが出て来てしまうのではないかと思います。

そこを明確にしてあげたい。

これから生徒さんのキャリアについて、生徒さんと一緒に探す活動していく中で、私たちが目指すところの
生徒さんの潜在的な価値観や、能力を見つけ出し、将来のキャリアを導いていくための活動をしていくことの必要性と重要性をセミナーを通じて感じることができました。

生徒さんが自分軸を見つける手助け、そしてやることを明確にしてモチベーションを持ってもらい、未来のゴールに自信を持って向かってもらう。
そんな手助けを私たちはしていかなければならないと強く感じました。

チームとしての達成感と感謝

今回のセミナーに関して、セミナーをしていただき、さらに私たち運営者を盛り上げるためにスタッフ全員でミーティングの場を設けていただいた平本さん、セブをいつも盛り上げてくれている今回のセミナーを主催したWAOJEの皆様、運営スタッフとして参加していただいた姉妹校であるクロスロードのスタッフ、そして今回のセミナーに来ていただき素晴らしい雰囲気を作ってくれたセミナー参会者の皆様、セミナーに関係した全ての方に感謝したいです。チームのようにみんなでまとまってできたので楽しかったです。

ビヨンドザボーダーという学校をお披露目する初めての機会だった今回は、準備中にいろんな物がないことに気がつき直前にバタバタしてしまうことが多くありましたが、無事に素晴らしい雰囲気のまま終わることができ嬉しく思います。

平本さん、素晴らしいセミナーを私たちに提供してくださいまして、ありがとうございました。
またセブに来ていただける日を心待ちにしています。

Posted by SakaiTakuya at 2018年1月31日 10:12 am セミナー